貸金業が改正されて消費者金融での借入が困難になったのをきっかけに、クレジットカード現金化を利用する人が一気に増えてきました。

クレジットカードに付帯されているショッピング枠を利用していただき現金に替える資金策は、世間では流行しつつありますが誰でもできるという訳ではありません。

当然、この資金策はクレジットカードをお持ちの方だけが利用できる資格があり、所有されていたとしてもショッピング枠残高が不足している状態でしたら契約はできないのですが、そんな方達にうってつけの方法があります。

携帯電話をお持ちで無いという方はいないと思いますので、キャリアを利用してショッピングをしていただき、購入された商品を買取っていただければ現金化が可能です。

皆様がお持ちの携帯電話はそれぞれ機種が違うと思いますが、キャリアが付帯されておりカード無しでも現金化の利用ができます。

携帯キャリア決済現金化とは

 

携帯キャリア決済 現金化

唐突に携帯電話のキャリアさえ使えば現金化ができると言われましても、どんな仕組みの資金調達法なのかが分からないでしょうから解説していきましょう。

携帯キャリア決済現金化とは、それぞれ皆様がお持ちの携帯電話に付帯されているおまとめ支払いを利用して、商品を購入し換金してもらうことで買取代金をお振込みするサービスです。

各携帯電話のキャリア利用金額は

  1. ドコモケータイ払い:最大¥50.000
  2. auかんたん決済:最大¥50.000
  3. ソフトバンクまとめて払い:最大¥100.000

以上の金額はあくまで最大利用金額となっておりますので、支払い状況によって変わりますので各携帯電話会社にて使用可能枠をご確認ください。

携帯キャリア決済現金化はネットで簡単決済でできるので時間もかからず24時間お振込みが可能となっている対応業者が多いです。

携帯電話の現金化はデメリットが多い

 

携帯キャリア決済 現金化

クレジットカードが無くても、あるいはショッピング枠残高が無くても携帯電話さえあれば現金化ができるようになった現状ではありますが、メリットばかりではありません。

携帯電話の現金化はデメリットが多い資金策ですので、これからお話しする内容をしっかりと把握していただいてからご利用を検討していただければと思います。

先程も述べましたように各携帯電話の種類によって使用できるキャリアは定められており、docomoとauをお持ちの方ですと最大で5万円までとなっておりsoftbankの方であっても10万円が上限額です。

日常の使用状況によって利用できるキャリアの金額は決まるようですので通話料の支払いを延滞されたことがある方ですと現金化ができる見込みは極めて低いでしょう。

返済方法もクレジットカードのように分割やリボ払いが不可能となっているだけでなく、毎月の使用通話料と同時に支払いをしなくてはならないのでご負担が大きくなってしまいます。

また、携帯キャリア決済の現金化は換金率が非常に低く、カード現金化と同率とはなりませんので、言い方が悪いととても損をすることになるでしょう。

携帯電話の現金化はデメリットが多いということがお分かりいただけたかと思います。

携帯キャリア決済現金化は非常時に使うこと

 

携帯キャリア決済 現金化

クレジットカードを持っていない方には携帯電話のキャリア決済現金化は大変都合の良い資金策となりますが、リスクが多いということが分かっていますので使い勝手がよろしくない状況です。

ほんの僅かな現金が必要な時には便利だとは思いますが、クレジットカード現金化のように使用するショッピング枠が高額になるにつれて換金率が高くなるわけではありません。

携帯キャリア決済現金化は非常時に使うことをおすすめします。

携帯キャリア決済で現金化ができるからカードは不要とは言いはしましたが、やはり一筋縄ではいかないようでリスクは付き物のようですが、それはクレジット現金化も同じことです。

目先のお金だけに釣られて現金化をしてしまいますと結果的に支払いができなくなり悪循環に陥りがちとなってしまうのが、この資金策の見落としてしまう点だと思いますので、ご利用の際はよくお考えになってからお取引をするよう心掛けてください。