転々とクレジットカード現金化業者との契約をされている人の意見に、どうして現金化業者の商品は違うの?と寄せられていますが、それは簡単なことです。

回答としてはクレジットカード現金化は、業者によってお取引方法が異なっていますので、取扱っている商品も様々ですから品物が違います。

商品だけでなく

  1. 換金率
  2. 入金時間
  3. 接客態度
  4. 営業時間

等その他にもございますが現金化業者には特徴がありますので、その項目によって利用するお店の選考をするでしょう。

商品を巡って利用者と現金化業者との間でトラブルに発展することもあり、お互いに良好な関係を築けなかったということで終ってしまうこともあるようです。

クレジットカード現金化では商品の存在は必要なのでしょうか?

商品が無いと成り立たない

 

クレジットカード現金化 商品
クレジットカード現金化はショッピング枠を利用して商品を購入していただき、景品としてもれなく現金が振込まれる仕組みだということをご理解されている人は少ないのではないでしょうか?

クレジットカード現金化サービスを運営しているお店が貸金業ではないことを認識できている人は利用者の中でも僅かだと思います。

確かにショッピング枠を使った後は、カード会社へ立替えてもらった代金の返済をしますので、お金を借りているという観念が付いてしまうのでしょう。

恐らく、カード現金化の仕組みを把握できていない人は納品をしていないのではないでしょうか?

このサービスは商品が無いと成り立たないということが分かっていないのだと思います。

商品を送らないお店とは取引しない

 

クレジットカード現金化 商品
クレジットカード現金化では主にキャッシュバック方式を取り入れたお店が多く、手続き完了後に銀行口座へ送金されて取引が終わりではありません。

後日、お買い上げいただいたキャッシュバック特典付き商品を納めていただいて終了となりますので、利用者様は納品する義務があるのです。

クレジット現金化は通常のカードのネットショッピングですから、商品を注文するので購入者の元へお届けになる訳というのはごく普通のことであり、買った物が無いとなると契約内容が変わってしまいます。

そうなりますと、貸金業務として見られてしまい出資方法違反として刑事事件へ発展してしまいますので現金化業者の大半は契約者へ宅送しているのです。

一方では、商い物を配送しない現金化業者もいたり、違法行為に成りかねる事態に巻き込まれる恐れもありますので、商品を送らないお店とは取引しないでください。

商品を送られるのが嫌なら買取方式を選ぶべき

 

クレジットカード現金化 商品
キャッシュバック方式の現金化サイトと契約を結びますと買われた品物がご自宅へ届くようになっておりますが、中には納品を拒む方がいます。

ご家族にクレジットカード現金化をしたことをばれるのを恐れて、商品を受取らず配送会社の預かり期限が過ぎ取引業者に戻ってしまうことがあり、サービス提供者側も手を焼いているようです。

現金化業者が契約事項として利用者にしてもらいたいことを受け入れてくれないと自分達が必然的に悪徳業者となってしまい警察に目を付けられてしまいます。

クレジットカード現金化で商品を送られるのが嫌なら買取方式を選ぶべきです。

買取方式は取引会社が欲しがっている商品を相手側へ送り換金してもらう方法なので、対象とされる品物はご自身で販売しているお店まで伺い購入しますので、誰にも現金化をしようとしていると悟られません。

誰にもクレジットカード現金化をしようとしていることがばれることを気にする心配はせずとも契約ができるのです。

クレジットカード現金化の商品は取引するお店によって異なるだけでなく、契約方法によって納品したり送らなければいけないこともあり、利用者様の都合に合わせることができます。