現金を用立てたい時には、消費者金融や銀行でキャッシングをすればお金の工面はできますが、貸金業が改正されてからは簡単に借入をすることができなくなりました。

年収が300万円ある方でしたら、サラ金やキャッシング枠の上限額が合わせて500万円だったとしても100万円までしかお金を借りることができません。

今まである程度自由にお金の借入ができたのにも関わらず、法律が変わったからといって借りられないとなっては困ってしまう人が多いのではないでしょうか?

そんな方達が手頃に使われるようになった資金調達法といえば、クレジットカードを使った裏技なのですが、キャッシング枠を使わずにショッピング枠で現金を作るのです。

つまり、クレジットカード現金化のことで、カードでお金も同じ意味を表しております。

では、いつからクレジットカード現金化は始まったのでしょうか?

カードでお金が発祥

 

カード現金化 ルーツ

クレカを使った現金化は今では数え切れないほどの店舗数となっており、ネットを利用すれば簡単に検索することができ、契約を交わしてしまえば指定の銀行口座にお金が振込まれます。

運営しているお店まで足を運ばずともネットさえあれば、自宅からでもお手続きを済ませてしまうことができ取引をすることが可能となりましたので、カード現金化事情は進歩したといえるでしょう。

昔は、来店型のみの店舗しか存在していなかったので、カード現金化の契約の仕方は店頭まで伺わなければお金を手に入れることができなかったのです。

現在では頻繁にカードでお金の看板を見かけるようになりましたが、昔は今のように全国各地に来店型の現金化業者はおらず都内にしか存在していませんでした。

現金化の元祖はカードでお金が発祥なのです。

2000年頃からネットでの取引が開始

 

カード現金化 ルーツ

クレジットカードを使ったショッピング枠の現金化は来店型のみしかなかったら、今のように人気を集め利用している人は少ないことでしょう。

インターネットを使えば誰でもお金の手配ができるカードの現金化は、全国どこからでも契約することができるだけではなく、即日現金を手に入れることも可能です。

総量規制に縛られることなく、クレジットカードとネット環境さえあれば良いので、昔と比べますと随分と手頃な資金策になったと感じる人も多いのではないでしょうか。

2000年頃からネットでの取引が開始されたクレジットカード現金化ですが、まだ今のように知名度が広くなくショッピング枠を使ってお金の手配ができるだなんて知っている人の方が少なかったと思います。

現在では、数え切れないほどの現金化業者がネット上に存在しているだけでなく、店頭サービス会社も都内だけでなく全国各地に出没するようになりました。

取引方法が様々

 

カード現金化 ルーツ

日本全国にクレジットカード現金化サービスを提供している会社は、どれ位あるのか分からないほどになりましたが、取引の仕方もそれぞれ違うのです。

主流であるキャッシュバック方式は今でも健在で、現金化業者が指定した商品をクレジット決済にて購入し、その品物をお買い上げいただいた特典としてお金が振込まれます。

その他にも現金化業者が利用者から物を換金する買取方式も主流となっており、来店型の店舗が行っていることをネットでできるようにもなりました。

最近では、注目を浴びているamazonギフト券の買取りも流行りだしてきたのですが、この方法は字の如く各種類のアマゾンギフト券を専門の買取り業者に売ることで現金化できます。

昔と違ってクレジットカード現金化は取引方法が様々になりました。

以上が、知っておいて損はないカード現金化のルーツですがいかがだったでしょうか?